カードローン おまとめや借り換えで注意する事

カードローンのおまとめローンや借り換えローンはまとまったお金が借りる事が出来て便利ですよね。ただし、おまとめローンや借り換えローンのデメリットもあるんです。おまとめローン、借り換えローンの注意点を解説します。

1.おまとめローンは返済期間が長い

現在の銀行カードローンは特に用途を定めておらずが、おまとめローンの返済方法は残高スライドリボ払い方式が主流です。この残高スライドリボ払い方式は、残高に応じた最低金額を毎月入金していればよく、返済期間が長期化しやすい事に注意しなければいけません。

 

2.返済期間が長期化すると、支払い金利も増加

返済期間が長期化してしまうとどうしても、その期間の支払い金利は増加してしまいます。せっかくおまとめローンで金利が安くなっても、返済期間長期化による金利負担が増えるのであれば、あまり意味がありません。

 

3.自己破産し辛い

銀行カードローンは自己破産に向いていません。というのも、月々最低金額を払えばいいだけですので、金利も低く、収入に対する返済額で計算された返済率が悪化しづらいからです。

 

返済率が低いという事は、免責がおりませんので、ずっと借金返済に追われることになります。

 

おまとめローンの注意点をよく理解して利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です